釣れない時の救世主、ボウズ逃れにジグサビキ!

タックル

釣れない時は、どんな手を使っても一匹釣りたいと思うものです。そんな先人たちが編み出したサビキとメタルジグの融合ジグサビキ。なぜ、ジグサビキで釣れるのでしょうか?
ジグサビキについて解説します。

ジグサビキ

ジグサビキは、メタルジグにサビキ仕掛けを付けてショアジギングをする釣り方です。ジグサビキ用の仕掛けは、短くなっていて50cm〜80cmくらい、針も2本程度です。針のサイズは狙う魚に応じて変えていきます。短い仕掛けは、キャストの邪魔にならない様にするためです。ジグのアクションとサビキのアクションで魚へのアピール度を増す事で釣果アップを狙うものです。メタルジグでサゴシなど小型青物やシーバスを狙い、サビキでアジなどの小型の魚を誘います。アクションは表層・中層を狙う時には、ワンピッチジャークが有効です。海底を探るときは、フォール中の当たりに気を配る必要があります。

ジグサビキのタックル

ジグサビキでは、サビキ仕掛けの分だけ「たらし」の長さが多く必要になります。そのため、短い竿ではキャストが難しくなります。
最低でも8ft以上は欲しいところです。ロッドは、普段ショアジギングで使用しているシーバスロッドやライトショアジギングロッドで十分です。
リールについても、ショアジギングで使用しているものをそのまま使用できます。

サビキの可能性

昔、サビキ仕掛けをちょい投げしてシャクリながら引いて釣っている少年を見かけました。小さめのシーバスを釣上げていました。先見の明があったのかもしれません。
また、10年位前に、ジグサビキがメジャーではない頃、サビキ仕掛けを加工してジグサビキをしている人もいました。20cmくらいのアジに有効だとのことでした。
そのころは、「ショアジギングにサビキなんて、邪道だ!」などと思っておりました。
しかし、釣りはスポーツではないので、邪道でも釣ったもの勝ちなのです。実績があれば良いのです。最終手段として、サビキにエサを付ける方法があります。オキアミや青虫(イソメ)を使用します。エサに勝るものは、ありません (^^;

キャスト時の飛距離について


キャスト時の飛距離は格段に落ちます。飛距離を出す為には、空気抵抗をどれだけ少なくするかが、勝負になってきます。しかし、ジグサビキでは、メタルジグに加えて、サビキが追加される為、メタルジグ単体の時より空気抵抗が増してしまいます。したがって、飛距離が落ちる要因になるのです。
私が、ショアジギングが好きな理由は、遠投出来ることですので、サビキを追加して飛距離が落ちることが、我慢できないのですが、釣れないときは、好きとか嫌いとか言っていられないのです。
雨の中、早朝から海に向かい、キャストを繰り返すこと数時間。
なんの反応も無いときには、釣れる可能性を探るのが『釣り』と割り切ってサビキを追加するのです。それでも、釣れないときは釣れません (T_T)

まとめ

釣れないときは、自然を相手にすると言うことは、こういう事なのだと思い知ります。
次の一投で釣れるかも、次の一投で釣れるかも、と期待しながらキャストを繰り返してしまいます。
いろいろ策を練り、手を尽くして釣れないことを、楽しむのも釣りだと思うことにしております。

ボウズ


ちなみに、釣れなかったことを『ボウズ』といいます。『ボウズ』は『坊主』を指しておりお坊さんのことです。お坊さんの頭に毛がないことと魚の食い気がないことを掛けていると言われています。おなじく毛がないことで、『オデコ』と言うこともあるようです。
お坊さんなので無闇な殺生をしないと言う意味もあるとか。
漁師さんは、日々大変なものを相手にしているのだと、関心します。

タックル
スポンサーリンク
山陰のサラリーマン 週末釣り師の日誌

コメント