リールに細いラインを巻きたい方必見!下巻きラインの長さの決め方・方法を説明します。

タックル

私のリールはDAIWA フリームスLT4000-CXHです。PEの糸では、1.2号で310m 1.5号で200m 2号で170mを巻くのが標準です。
市販の糸の長さは、150mか200mですので、下巻きなどの調整が必要です。私はこのリールにPE0.8号を巻こうとしているのでナイロン糸で下巻きしました。では、作業の工程を見てみましょう。

道具の準備

必要な物を準備します。まずは、使用する糸 PE0.8号 200mと下巻きに使用するナイロンライン2号です。それと糸を巻き取るための高速リサイクラーと空のリールです。

第一精工 高速リサイクラー2.0

価格:3,899円
(2021/11/1 20:19時点)
感想(4件)

下巻き糸の計測

リールに普通に糸を巻くと糸が足りません。そのために下巻きが必要になります。初めにナイロンラインを巻き、その上でPEを巻いて調整するのです。問題は、ナイロン糸の量が分からないことです。
そこで、まず使用するPEをリールに巻き付けます。先にPEを巻いたら『意味無いじゃん』って思いますよね。
落ち着いて、先に進みましょう。

PEを巻いた上にナイロンラインを巻き付けてリールの規定量にします。これで、必要なナイロンラインの長さがわかりました。

下巻きにナイロンライン・上巻きにPEライン

しかし、このままではナイロンラインが上にきています。ナイロンラインを下巻きにするために巻き直す必要があります。ここで、高速リサイクラーの出番です。空になったリボンを高速リサークラーにセットし、リールからナイロンラインだけを空のリールに巻き取ります。
次に、空のリールを入れ替えてPEラインを巻き取ります。これで、リールの糸が空になりました。

ここから、リールに計測したナイロンラインを先に巻いていきます。ナイロンラインを全て巻き取ったらPEラインとナイロンラインを電車結びで結束してPEラインを巻き取っていきます。全てのラインをリールに巻き取って完了です。ラインの巻取は、少しテンションを掛けて巻き取る様にしましょう。

まとめ

昔は、使用したいラインに合わせてリールの番手を決めていました。PEラインの1.0号で200mだから2500番にしようとかです。
でも、大きな魚がかかった場合に力負けすることがあるのと、大きいリールのほうがかっこいいのです。(後者の理由のほうが大事です。)
しかし、ルアーをより遠くに飛ばすためには、細いラインを使用したというジレンマにおちいります。PEラインを400m・500m巻けば解決するのですが、PEラインは高いので庶民にはハードルが高いのです。かさ上げのためだけに使用するならばナイロンラインで十分です。
手間は、かかりますが、自分の好きな細さのラインを適量巻く事ができる方法なので、興味のある方は試してみてください。

タックル
スポンサーリンク
山陰のサラリーマン 週末釣り師の日誌

コメント